読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Katorisenkoの日常

ごく普通の日常を楽しんでるやつが書いているブログ(日記)です

つぶやき

ドモドモKatorisenkoです。

 

久々の更新です。

 

この半年間に様々なことが起きました(彼女に振られたとか)が、それはまたの機会にしましょう。

 

前回の記事では予備校をぼろくそに言ってましたが、現在はその考えが変わってエンジョイしまくりです。

 

私の予備校は休み時間が昼に30分間と夕方に30分間というハードなところなのですが、その分仲間との団結?が強いものになりました。

 

その中で私がよくつるんでいるグループ的なものがあります。

 

そのグループは基本的に予備校が閉まる時間(22時過ぎ)まで勉強しています。

 

つまり遅い時間の帰宅となるのです。

 

我々高卒生も19歳とはいえど、高校生とさほど変わりません。

 

そのうちの一人が

 

 

友1「いやあ、昨日警察に補導されてさあw身分証明できるものなくて、親を呼ばれちゃったよww」

 

友2「お前ばかだろwwww」

 

 

ということがありました。

 

なにそれうらやましい

 

というわけで、その日から毎日警察に補導されないかとワクワクしながら帰っていました。

 

そしてある日、私の目の前にパトロール中の警察官が

 

これは絶好のチャンスだ!

 

ワクワクしながら警察官をガン見しまくって

 

 

目が合った!

 

 

これはつかまるぞ!

 

 

私のテンションは最高潮

 

 

なのに

 

 

警察「~♪」

 

 

 

スルーしやがった

 

 

 

まるで俺が老けてるみたいじゃねえか。

 

俺のワクワク返しやがれ。

 

 

次の日にそのことを友達に報告したら

 

 

友1「お前補導されたいのかよww」

 

俺「こんな場所(予備校)に12時間近く監禁されてたら刺激を求めるのは当然だ」

 

友2「お前は最近目つきやばいから補導じゃあ済まされねえよwww」

 

 

と言われました。

 

おまけにディスられました。

 

そんな日々です

 

 

以上つぶやきでした。

 

では、ごきげんようノシ