読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Katorisenkoの日常

ごく普通の日常を楽しんでるやつが書いているブログ(日記)です

春休みダイジェスト

ドモドモKatorisenkoです

 

三月くらいからノートに日記を書き初めて、今も続いています。

 

正直、一日くらいで終わると思っていたのですが、案外続いていて驚いています。

 

さて、四月に入りました。

 

高校を卒業した私は、予備校の一年間が始まるわけですが、私が通う予備校は学校法人じゃないので、どこにも所属しないことになります。

 

イエーイニートニート

 

周りの人間は専門学校や大学、就職をしていて正直心細いです。

 

ともに励ましあえるような仲間ができるといいんですがね。

 

 

さて、春休みがそろそろ終わりますね。

 

私は、この春休みはいろんなところへ行きました。

 

 

高尾山

 

受験も終わり、しばらく本格的に休んでいたとき、私はふくろー君とどこかに出かけようと考えました。

 

彼は就職が決定していて、もうしばらくは遊べなくなるのです。

 

 

俺「おい、出かけるぞ」

 

ふくろー「お前唐突にどうしたw」

 

俺「いいから、行きたいところを決めるんだ」

 

ふくろー「えー」

 

俺「横浜の中華街とか、高尾山とかさ」

 

ふくろー「あー、中華いいね」

 

俺「だろ」

 

ふくろー「食べ放題とかな」

 

俺「そうそう」

 

ふくろー「でも、高尾山も捨てがたいな」

 

俺「よし、高尾山行くぞ。異論は認めない」

 

ふくろー「!?」

 

 

というわけで、高尾山に決定しました。

 

最初は始発で行くぞとなったのですが、普通に起きることができなかったので(私が)、9時前くらいに着きました。

 

 

俺「三時間の遅刻をしてしまった。許してくれ」

 

ふくろー「なんで、改まって言うんだよw」

 

俺「親しき友にも礼儀ありだ」

 

ふくろー「まあ、先日は俺が10時間の遅刻したから、チャラでいいぜ」

 

f:id:Katorisenko:20160302094249j:plain

 

やだこの人かっこいい

 

f:id:Katorisenko:20160302094657j:plain

 

朝っぱらからテンションが高いこの二人

 

平日の朝の高尾山はとても静かで、空気がおいしく、最初はかなりテンションが高く

 

f:id:Katorisenko:20160302104804j:plain

 

ふくろー「買ってしまったwww」

 

俺「でっかwww」

 

 

ふくろー君曰く朝飯は食べていないので、お腹がすいていたらしい。

 

最初は良かったものの山登りというのは、やってみるときついものでして、約一年間運動していない私は汗だくだくで登り

 

f:id:Katorisenko:20160302114445j:plain

 

 

ふくろー「見ていられないぞ、年を取ったな」

 

 

と馬鹿にされるのであった。

 

しかし、体力は衰えていても、食欲は衰えない。

 

山菜そばを食べても足りず、団子も注文してしまった。

 

観光地の店ってのは、値段が高い上においしくないから、あまり行きたくなかったんですよね。

 

下山した後に行ったのはトリックアート美術館。

 

 

ふくろー「なんか、ぼったくられそうな雰囲気なんだが」

 

俺「姉気が言うには、かなり面白いらしいぜ」

 

ふくろー「てか、この建物の作りがラブh」

 

俺「それ以上はいけない

 

 

最初はばかにしていたふくろー君と私ですが、中に入ると

 

f:id:Katorisenko:20160302145820j:plain

 

「わー!撮って撮って!」

 

f:id:Katorisenko:20160404155929j:plain

 

「よいではないかよいではないかww」

 

f:id:Katorisenko:20160302153603j:plain

 

「「フュージョン!!」」

 

大はしゃぎ

 

めちゃくちゃ満足して帰りました。

 

 

水族館

 

去年から約束していた彼女とのデートです。

 

この日はかなり寒い日だったのに、何を血迷ったのか、コートを着ずに出かけました。

 

最初はまだいいですが、現地に着くともう限界でアシカショー中ずっとガタガタ震えてました。

 

でも、館内は暖かかったので、それなりに我慢はできました。

 

f:id:Katorisenko:20160309115531j:plain

 

彼女「クラゲきれー!」

 

俺「そうだな」

 

彼女「みて!あのエビおいしそう!」

 

俺「おー、でかい蟹もいる」

 

彼女「鍋にしたい!」

 

俺「あ、うつぼだ」

 

彼女「ウツボっておいしいのかな」

 

 

クラゲ以外台無し

 

そんな感じで楽しんでいましたが、私の体温は限界に達しました。

 

私は出かけるときは、困ったとき用にそこそこ大金を持っていくので、服を買おうとなり、彼女に選んでもらいました。

 

真冬用のセーターを選んでもらい、何とか一日を乗り切りました。

 

f:id:Katorisenko:20160309162238j:plain

 

 

そんな感じで、いい意味でも悪い意味でも充実した春休みでした。

 

 

今日はここまで

 

これから一年またつらい思いをしますが、これがラストチャンス。

 

ここでびしっと志望校に合格して、いろいろなところを旅してみたいです。

 

車の免許を取って、ふくろー君とかを連れまわしたいですね。

 

では、ごきげんようノシ